柳田 国男。 柳田国男ってどんな人?民俗学の父と呼ばれる柳田国男について解説!

日本近代史の中の日本民俗学-柳田国男小論

国男 柳田

柳田國男(1951年) 生い立ち [ ] (明治8年)7月31日、()辻川村(現:辻川)生まれで、最晩年に名誉町民第1号となった。 「本」と「服」とは、ぼくにはぴったり同じものなのだ。 民俗学の夜明け [ ] 東京帝国大学では農政学を学び、農商務省の高等官僚となった後、講演旅行などで東北を中心に地方の実情に触れるうちに次第に民俗的なものへの関心を深めてゆく。

6

柳田国男ってどんな人?民俗学の父と呼ばれる柳田国男について解説!

国男 柳田

近代人の心は怪談を欲していた。 これはもとより北東の日本半分においては、味わいあたわざる経験であったが、花の林を逍遥して花を待つ心持、または微風に面して落花の行くえを思うような境涯は、昨日も今日も一つ調子の、 長閑 ( のどか )な春の日の久しく続く国に住む人だけには、十分に感じえられた。 日向の都井 (とゐ) 岬といつて日向の一番南の突端の海岸で、牧水が椰子の歌を作つたことがあるから、その記念のため、碑を立てさせてくれといふことを、門人達が宮崎の近所の人たちに賴んださうである。

3

遠野物語の柳田国男、農政の先駆者としての顔: オーライ!ニッポン

国男 柳田

柳田が昔話の分析の対象としてとりあえず選んだのは、五大御伽噺といわれるものであった。

3

柳田国男はどんな人?民俗学での功績や名言も紹介【年表付】

国男 柳田

一方の沖縄を「日本」に引き入れた伊波普猷についても一言しておこう。

2

柳田国男 雪国の春

国男 柳田

ここで言う「外人」とは異郷人ではない。

3

柳田国男ってどんな人?民俗学の父と呼ばれる柳田国男について解説!

国男 柳田

柳田は自ら「民俗学」を狭隘な道に追い詰めたように思う。

19