ルベン ディアス。 マンCのDFストーンズが先制点の“相棒”ディアスを称賛「傑出していた」

マンCで“コンパニの後継者”が見つかった 今季の最高補強はこの男なのか|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

ディアス ルベン

この23歳は守備陣の中心で堅い守りを見せるだけでなく、リーダーシップと統率力を如何なく発揮。

10

マンCのDFストーンズが先制点の“相棒”ディアスを称賛「傑出していた」 (2021年2月28日)

ディアス ルベン

もちろんベンフィカは(プレミアリーグとは)違うリーグで、競争力も落ちる。 彼は傑出していたし、彼のおかげだ」と、パフォーマンスを称賛した。

7

マンCのDFストーンズが先制点の“相棒”ディアスを称賛「傑出していた」(SOCCER KING)

ディアス ルベン

そんな彼にかつて同クラブでプレイした元ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニの姿を重ねている人も多いだろう。

11

「魔法アシスト」 マンC司令塔の“超絶クロス”を海外メディア称賛「とてつもない」(Football ZONE web)

ディアス ルベン

これが功を奏し、現在マンCはプレミアリーグで首位に立つことに成功している。 昨夏、6800万ユーロ(約82億円)という高額な移籍金を支払ってベンフィカから獲得したポルトガル代表DFルベン・ディアスは、すぐさま守備の要となり獅子奮迅の活躍を披露している。 昨季はプレミアリーグのタイトルをリヴァプールに譲り、チャンピオンズリーグ(CL)ではリヨンに衝撃の3失点を喫して敗退してしまったのだから、守備の立て直しは急務となっていたのだ。

13

強いプロ意識と高い向上心。ルベン・ディアスがマンチェスター・シティの絶対的存在となるのは必然だった(GOAL)

ディアス ルベン

ルベン・ディアスのオフボールの際の準備や身振り手振りのコーチングは選手に観せるべき教材として最高。

20

マンCのDFストーンズが先制点の“相棒”ディアスを称賛「傑出していた」

ディアス ルベン

SOCCER KING. 5度のバロンドール受賞者であるC・ロナウドは、ルベン・ディアスのプレースタイルとは地球の端から端までほどかけ離れているが、それでも稀代のスーパースターから様々なことを学んでいたのです。

15

ルベン・ディアス獲得のマンC、ペップ就任後は守備陣に511億円を投資

ディアス ルベン

プレイ面でもチームトップのクリア数(53回)や同2位となる空中戦勝利数(39回)を記録し、チームの守備を盛り立てるルベン・ディアス。 シティならそういう大きな挑戦を僕に与えてくれると思う。 しかし、ルベン・ディアスは相手のチャンスシーンを落ち着いて防いでおり、ボックス内での対応が上手い選手です。

6

強いプロ意識と高い向上心。ルベン・ディアスがマンチェスター・シティの絶対的存在となるのは必然だった

ディアス ルベン

彼は傑出していたし、彼のおかげだ」と、パフォーマンスを称賛した。 リーグ戦32試合で3ゴールの記録を残して、プリメイラ・リーガの優勝に多大に活躍。

マンCのDFストーンズが先制点の“相棒”ディアスを称賛「傑出していた」(SOCCER KING)

ディアス ルベン

試合に対する情熱や欲求は強く、他の人とは比べ物にならない」 シティの関係者によると、ディアスは成功への並々ならぬ決意があるという。 (文:舩木渉) 【了】. 今絶好調のチームを統率しているだけでなく、今後も長くシティで活躍を続け、ゆくゆくはバンサン・コンパニを超えるクラブレジェンドになっていてもおかしくない。 DFの同じポジションで、経験豊富なペペ、ブルーノ・アウベスはもちろんのこと、想像しがたいかもしれないがルベン・ディアスはC・ロナウドをメンターとして尊敬しています。

20