ルネ マグリット。 【徹底解説】ルネ・マグリットとは?作品と人生を3分で理解しよう!

【作品解説】ルネ・マグリット「大家族」

マグリット ルネ

これは、最も印象的な見方であり、おそらくマグリットが示唆しているのは、彼の作品で人を驚かさせたり、挑発したかっただけかもしれない。 まだ絵画を続けており、当時は 印象派的な風景画などを描いていた。 1916年にブリュッセルの美大に入学したが、 古典ばかりを扱う授業に飽き飽きしてしまう。

9

ルネ・マグリット

マグリット ルネ

ルネ・マグリット「迷える騎手」 この作品でルネ・マグリットはシュルレアリストの1人として数えられるようになる。 イギリスのシュールレアリストのパトロンであるエドワード・ジェームスは1937年、彼の「Le Principe du Plaisir」や「複製禁止」を大きく取り上げた。 それはジョルジョ・デ・キリコの「愛の歌」である。

ルネ・マグリット 「日常に潜む謎を描いた画家」

マグリット ルネ

しかし 画家にしては、あまりに普通すぎる。 1930年代は銀行員をしつつ、広告のデザインをしつつ、傍らで絵を描くという生活が始まった。

9

これはパイプではない。「ルネ・マグリット」

マグリット ルネ

フロイトは人間の心的エネルギーを、性的衝動によって解釈しており、そのことからマグリットは性や暴力をテーマにした作品を描いています。 あなたには鳩の向こうにある男の表情がどう見えるだろうか。 2015年に行われたマグリット展に行った方も多いかと思います。

4

透明感と静謐あふれる幻想的な絵画空間、ルネ・マグリットの世界を解説

マグリット ルネ

《大家族》は、曇りがかった寂しげな空と嵐を予兆する波際の風景で、どこか危機感を呼び起こす。 1926年から1930年(28歳~32歳)にはパリに滞在し、シュルレアリストのアンドレ・ブルトンらと交流します。

7

【作品解説】ルネ・マグリット「大家族」

マグリット ルネ

1910年、マグリットが12歳になった年に一家はシャトレに落ち着くのですが2年後、母のレジーナが入水自殺をします。

20

【作品解説】ルネ・マグリット「恋人たち」

マグリット ルネ

ルネ・マグリットの名言 物と名前の関係は、その物に対してより適切な別の名前を見つけることができないほど密接なわけではない。 マントルピースの上に時計とろうそく台と鏡が設置されている。 描かれている馬は分割されてしまっており、その断片はあいまいに配置されている。

18