ラプターズ 対 バックス。 キャリアハイに並ぶ7リバウンドを記録したラプターズの渡邊雄太…ディフェンスでアデトクンボと1対1をする場面も

バックス戦を控え、ラプターズ指揮官は「見ていると退屈」

対 バックス ラプターズ

バックスはヤニス・アデトクンボが24点、18リバウンド、9アシスト、クリス・ミドルトンが24点、10リバウンド、7アシストと2枚看板がマルチに活躍し、ブルック・ロペスが20点、7リバウンドをマークした。 「彼らを見ていると退屈だ」 要するに、外からの印象は今のバックスが強すぎるということです。

8

ラプターズの渡辺がバックス戦で5得点と自己最多に並ぶ7リバウンド チームは連敗― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

対 バックス ラプターズ

しかしこのあと流れを変えることができず、このクオーターの4分10秒にベンチに下がった。

17

クリスマスゲーム全5試合の見どころ、必見選手、5つの注目スタッツ

対 バックス ラプターズ

イースタン・カンファレンスのトップコンテンダーと評される両軍による一戦では、ラプターズの3ポイントシュートが勝敗を分けるポイントとなる。 アガスティン - 14 9 3 - 7 0 - 0 3 - 6 1 1 1 0 0 1 Torrey Craig Torrey Craig - 13 2 1 - 2 0 - 0 0 - 0 4 2 0 1 1 2 D. またオフェンスではパウエルとピックアンドロールを行い、柔らかなシュートタッチでショットをヒット。

【イースタン・カンファレンス・セミファイナル展望】バックス対セルティックス、ラプターズ対76ersの2シリーズの注目ポイント

対 バックス ラプターズ

「NBA Rakuten」は、日本時間8月11日(火)午前7時30分からトロント・ラプターズ対ミルウォーキー・バックス戦を配信する。 「僕たちはリードすると、少し活気が無くなるように思う。 5)とリーグ随一の堅守を誇る両軍は、その守りにおけるコンセプトが共通しているのもポイントだ。

6

ラプターズの渡邊雄太がバックス戦で5得点、7リバウンド チーム最多タイの±を記録

対 バックス ラプターズ

スターター スターター 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール ウェイン エリントン ウェイン エリントン 終了 26 25 8 - 11 1 - 1 8 - 11 3 0 2 0 0 3 Saddiq Bey Saddiq Bey 終了 24 7 3 - 9 0 - 0 1 - 5 4 2 0 0 0 2 メーソン プラムリー メーソン プラムリー 捕 28 14 6 - 12 2 - 5 0 - 0 11 10 1 1 2 4 Dennis Smith Jr. リバウンドは前半での5本を含む7本(オフェンス1本)で、これは今月8日のキングス戦(出場19分)でマークした自己最多記録に並んだ。

11

ミルウォーキーバックス V/S トロントラプターズ

対 バックス ラプターズ

8)において、2チームがリーグで最も多い数字を残していることからも明らかだろう。

12

ラプターズの渡辺がバックス戦で5得点と自己最多に並ぶ7リバウンド チームは連敗― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

対 バックス ラプターズ

『ESPN』のエリック・ウッドヤード氏によれば、この日36得点、15リバウンド、8アシスト、4ブロックと最高のパフォーマンスを魅せたバックスのヤニス・アデトクンボは、試合後にこう語っています。 Wilson DNP Jaylen Adams Jaylen Adams DNP. これは昨年のカンファレンス決勝の再戦であり、現時点のイースタン・カンファレンスで最も成績が良いチーム同士の対戦であり、今シーズンで2度目の対戦でもあります(前回はバックスは10点差で勝利)。 1ポイントよりもはるかに大きな数字となっています。

ラプターズの渡辺がバックス戦で5得点と自己最多に並ぶ7リバウンド チームは連敗― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

対 バックス ラプターズ

でも、みんながステップアップしていたと思うよ。 互いにインサイドを固めて、3ポイントを意図的に相手に打たせることを守備の決め事にしており、それはペイント内の失点数(バックス:38. 0秒の場面、ノーマン・パウエルへピックをかけて彼が左ドライブを仕掛けると右ウイングへとポップアウトし、パスを受け取ってそのまま3ポイントをヒット。 日本時間1月28日(現地27日)、トロント・ラプターズが今季本拠とするフロリダ州タンパのアマリー・アリーナでミルウォーキー・バックスと対戦し、108-115で敗れた。

6