産褥 期。 産褥期とは?産褥期の過ごし方やトラブル、注意点について|ベビーカレンダー

命の危険も…妊娠・出産後の「産褥期」、どんなことに注意して過ごすべき?(オトナンサー)

期 産褥

【7】清潔を心がける 出産で体力が低下し免疫力も落ちているため、 産後しばらくは感染症や病気にかかりやすい状態になっています。

産褥期の概要

期 産褥

ですので、悪露の色や量をしっかりとチェックし、いつまでも赤色だったり、白色だったのに赤くなったり、悪露の量が増えたりなど、気になる症状があったら早めに受診しましょう。

2

産褥期の概要

期 産褥

自分自身や赤ちゃんに危害を加える可能性もあるため、入院治療が必要になることも少なくありません。 積極的に摂った方が良い栄養素は、卵・魚・肉・豆類・豆腐などの 「タンパク質」、レバー・ひじき・海藻類などの 「鉄分」、 「カルシウム」「ビタミン」などとされています。 副菜は野菜、きのこ、海藻類を毎食取り入れるように心がけましょう。

1

命の危険も…妊娠・出産後の「産褥期」、どんなことに注意して過ごすべき?(オトナンサー)

期 産褥

最近は核家族化しているため、誰かに頼ることもできず、精神的にも肉体的にも疲れ果てているケースが多いのです。

10

産褥期の概要

期 産褥

代表的な症状として涙もろくなる、気持ちがふさぎがちになる、不安感が強くなる、集中力が低下する、ささいなことで怒りやすくなることなどが知られています。 また体調に問題がなければ、性生活やパーマ、旅行などもおこなえます。

6

産褥期(さんじょくき)とは? 産褥期の過ごし方

期 産褥

全身の臓器の回復:耐糖能や腎機能の正常化、出産時の出血によるの解消など が始まります。

3

産褥期はいつまで?~産後の症状、過ごし方と適切な診療科~

期 産褥

出産でママの体が回復していない中、慣れていない赤ちゃんのお世話をするのはとても大変です。 そのため、産後3週間はこれまでの布団で療養中心の生活から、少しずつ日常に戻っていく期間と捉えると良いでしょう。

14

産褥期(産後1,2ヶ月)の正しい過ごし方8つのポイント

期 産褥

子宮内膜炎などの病気を併発することもあるので、注意が必要です。

10