南 院 の 競 射 現代 語 訳。 大鏡競弓競べ弓競射道長伝ノ四品詞分解現代語訳全訳

大鏡「南の院の競射」についての疑問点

競 現代 院 語 南 射 訳 の

) 朝廷ざまの 公事 くじ ・作法 ばかりにはある べきほどにふるまひ、時違ふことなく勤め させ 給ひて、 公事(くじ・おおやけごと)=名詞、公務、宮中での仕事、宮中で行われる行事や儀式。 直前の「仰せ」も同様。

大鏡

競 現代 院 語 南 射 訳 の

二重敬語。

大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』(本編)現代語訳

競 現代 院 語 南 射 訳 の

直後に尊敬語が来ないときは必ず使役の意味となる。 おっしゃる、お言いつけになる、言いつける。 わたしの思うところを書きますと、 質問者さんの書かれた解答は、 ちょうど逆だったのではないかなあと思います。

20

大鏡「道長と伊周―弓争ひ―」(帥殿の、南の院にて)問題

競 現代 院 語 南 射 訳 の

て =接続助詞 延べさせ給ひけるを、やすからず思しなりて、 延長なさったところ、(道長は)心中穏やかでなくお思いになって、 さらば =接続詞 延べ =バ行下二段動詞「延ぶ」の未然形 させ =尊敬の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形。 (道真公は)あれやこれやにつけて、たいそう悲しくお思いになって、庭先の梅の花を御覧になって、 こち吹かば・・・(来年になって)東風が吹いたら、(また美しく咲いて)よい香を(私のいる筑紫の配所へ)送ってくれ、梅の花よ。 せ =尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。

19

大鏡競弓競べ弓競射道長伝ノ四品詞分解現代語訳全訳

競 現代 院 語 南 射 訳 の

おそらく動作の主体(先に射させた人)である道隆を敬っている。

「南院の競射」についてです。43個の敬語の敬意の方向(誰から誰に)...

競 現代 院 語 南 射 訳 の

さりながらも、 いささか逼気し、御心 や は倒さ せ 給へ り し。 立て=タ行下二段動詞「立つ」の連用形、立てる、立たせる。

1